価値のインターネット

インターネットには次の特長があるため、情報がスムーズに行き交います。

グローバル

どこからでも利用できます。

オープン

誰でもアクセスできます。

相互運用可能

異なるネットワーク間で簡単に接続できます。

高い信頼性

いつでもどこでも機能します。

相手側に依存しない

中間業者への構造的な依存はありません。

通貨も 同じようになれると考えています。

Xpring: 通貨のためのオープンプラットフォーム

Xpringプラットフォームは通貨のためのオープンプラットフォームであり、開発者がアプリケーションにペイメントを簡単に組み込めるようにするツールや、サービス、プログラムを提供します。

Xpringプラットフォームはオープンソースのコアテクノロジーに基づいて構築されており、任意の通貨でリアルタイムにペイメントの送金と受け取りを可能にします。

XRP

高速かつ低コストで価値を移転します。分散型で流動性があり、広く利用可能です。

ILP

あらゆる通貨で簡単にペイメントを行えるようにし、XRPを介してブリッジすることでリアルタイムペイメントを実現する標準化されたオープンプロトコル。

Web Monetization

コンテンツクリエイターがコンテンツの利用に対して簡単に課金できるようにするオープン標準。

Xpringプラットフォームは開発者向けに以下を提供しています。

ツール

アプリケーションにコアテクノロジーを簡単に組み込めるようにします。

- API
- SDK
- ドキュメント、サンプルコード、デモ

サービス

コアテクノロジーが動作するネットワークに簡単にアクセスできるようにします。

- データ
- テストおよび開発用ネットワーク
- Ledger Explorer

開発者支援プログラム

- 啓蒙活動および支援活動
- サポート
- 投資とパートナー提携の機会

Xpringプラットフォームはあらゆる業界のあらゆる開発者向けに構築されていますが、現段階では、いくつかの主なユースケースに焦点を当てています。

投資

ウォレットと取引所

コンテンツ

クリエイターの収益化

ゲーム

仮想商品の所有と取引

Xpringの歴史

Xpringは価値のインターネット(IoV)を支援する目的で1年ほど前に立ち上げられました。

以来、分散型テクノロジーを使用していて共通のビジョンと方向性を持つ企業とのパートナー提携と投資に注力してきました。

そうした中で、コアテクノロジーの使用を簡単にできる条件が存在することが明らかになりました。その結果、Xpringプラットフォームが誕生したのです。

多くの点で、これはこの数年間にわたってRippleが掲げてきたビジョンの延長線上にあります。RippleNetは金融機関がXRPの力を活用できるようにするエンタープライズソリューションですが、Xpringプラットフォームは開発者向けに同様のソリューションを提供します。

通貨のためのオープンプラットフォームを使いたい方は、こちらをクリックして詳細をご覧になり、構築を開始してください。

Xpringのストーリーにインスピレーションを受けた方は、こちらをクリックしてXpringのチームの詳細と参加方法をご覧ください。

Xpringの活動についてご不明な点がある方は、こちらをクリックしてFAQをご覧になるか、お問い合わせください。